FC2ブログ

深く知るほど面白くなる!?____看護学生のための解剖生理学

  「私ナースになる!」って目を輝かせて入学。            そこに待ち受ける大きな壁…そう、『解剖生理学』。          そんな悩めるナースのたまごさんたちのためのブログです。

人生何が起こるかわからない

いま、海外に住んでいます。
英会話全然だめですが、案外何とかなるもんだなぁと最近思ってました。今朝までは。

一人で研究所のエレベーターに乗っていたら、急停止。
まぁそんなこともあるかと非常通話ボタンを押す。
Hello?
あぁ無事につながった。


ふぁ?!全く聞き取れないよ?
確かになまりも音声もひどいけど、それにしても全話が通じない。

とりあえず急停止した旨伝えたが、伝わっているのやら…
いやだから、住所なんて分かんねーから研究所の名前ググってくれってば!

そうこうしているうちに、外の人が異常に気付いて救出してくれました。

あかん、やっぱちゃんと勉強せなあかん!
と猛烈に反省した今日この頃です。

自分は昔から英語がニガテでした。
仕事で毎日論文読んでますし、TOEICもある程度取れますが、英会話、特に日常会話が全くダメ。
昔は本当に思っていたんです。日本人が日本に住むのに英語はそんなに必要か?と。
だから入試に対応できる程度の最低限しか勉強しなかった。

義務教育は、自分の人生を選択するうえで、将来の選択肢を狭めないようにするものだと個人的には思います。
でも時間を割くのは入試に関係するところですよね普通。
本来両社は一致するのが理想でしょうが、実際はそうはなっていない。
萩生田文科大臣が、マスコミのくだらない揚げ足取りでバッシングされているニュースをこちらから拝見しましたが、
発言を全部聞いたら全く問題ない。むしろ、現状の英語教育の問題点を適切にとらえたうえで、極めて配慮の行き届いた返答をされていたと個人的には思います。

切取り偏向しまくるオールドメディアしか情報源がない情報弱者は、まんまと騙されてしまうんでしょうね。


さて、話はそれましたが、人生何事も選択の連続です。
自ら決断して動かないと、チャンスなんてそうそう転がっていません。
社会人入学された方は、相当の覚悟をもって決断されたんだと思います。
そのことだけでも、尊敬に値すると私は思います。頑張ってください!
前にも書いたかもしれませんが、数年後には解剖整理が難しいとかニガテとかなんで思ってたんだろう?と感じるはずです。
理解せず詰め込もうとするのが諸悪の根源です。
理解することと覚えることは全く違います。


ということで、ぼちぼちマイペースに再開したいと思います。
全範囲をカバーする気など更々ありません。少しでも親しみを感じられそうな話題に特化します。


あれ?関西弁じゃなくなってるって!?
エセ関西人 関西出たら ただの人

スポンサーサイト



PageTop